酸性に傾けて免疫力をアップさせる効果が見込めるアシドフィルス菌

酸性に傾けて免疫力をアップさせる効果が見込めるアシドフィルス菌

お腹の中のpH値は、免疫力と大きな関係があります。基本的にはお腹の中の環境は、酸性に傾いている方がベターです。なぜならそちらに傾いていると、悪玉菌が活躍しづらくなると言われているのですね。そしてそのためには、アシドフィルス菌が活躍してくれることがあります。

 

悪玉優勢になると免疫力が弱まる

 

人々の中には、ちょっと免疫力が弱まっている方がいらっしゃいます。年齢を重ねている方々などは、いわゆる季節の変わり目などになってしまいますと、体調不良が発生する事も多々あるのです。免疫の力が弱くなってしまっているので、体調不良になりやすくなってしまうのですが、その理由の1つが前述の悪玉菌なのですね。
そもそもお腹の中には、善玉と悪玉という2種類の菌が生息しています。そして前者の菌類の割合が多ければ問題無いのですが、たまに後者の菌類が多くなってしまっている方もいらっしゃるのです。いわゆる悪玉優勢になってしまっている方々ですね。

 

そのような方の場合は、やはり免疫力が弱くなってしまう傾向があります。それで季節の変わり目になって、体調を崩しがちなのですね。ですので「ちょっと最近体調を崩すことが多くなった」等と思うのであれば、お腹の中の善玉菌を意識する事も大切でしょう。

 

免疫力を高めてくれるアシドフィルス菌

 

ところで前述のアシドフィルス菌は、いわゆる乳酸菌の1つになります。その菌類は、その名前の通り乳酸を生成してくれるのですね。
乳酸が生成されると、お腹の中は酸性に傾きがちになるので、前述の悪玉菌が働きづらくなると言われています。つまりpHが変化するわけです。それでお腹の中がだんだんと善玉優勢になりますので、色々と体調が好転していくことが多いのですね。

 

もちろん前述の免疫力も、そのアシドフィルス菌と大きな関係があります。お腹の中が善玉優勢になれば免疫力が高まる訳ですから、季節の変わり目などにも強くなってくれるのですね。つまり良い意味での連鎖反応が発生して、その乳酸菌が人間の免疫力を向上させてくれると言われています。

 

思えば最近も私の親戚が1人が、ちょっと免疫力に問題点が発生してしまっているようです。だんだん体調不良になることも多くなってきてしまっているので、私の親戚もアシドフィルス菌を摂取してみるのが良いと思いますね。
また毎年インフルエンザに悩んでしまっている方も、世間では多数いらっしゃいます。そのような方々モ、アシドフィルス菌を摂取してみると、だいぶ改善されるのではないでしょう。